時期や荷物の量によっては休暇を取れないこともある

長距離トラックドライバーは、様々なドライバーの職種の中でも安定収入を得やすいものの、荷物の量が多くなる繁忙期は思うように休暇を取れなくなるといったデメリットもあります。特に、ドライバーの人数が不足している運送会社においては、一人のドライバーが連続して長時間の勤務を担当したり、残業時間が長くなったりすることがあります。そうしたトラブルを防ぐには、年間の休日の日数が多いところや、ドライバーの人員に余裕があるところを就職先に選ぶことが大事です。また、正社員として働くことにこだわらない人は、契約社員や派遣社員の長距離トラックドライバーの求人を探すことで、一年を通じて無理なく働き続けることが可能となります。

年齢が高くなるにつれて体力面の負担が大きくなりやすい

長距離トラックドライバーの仕事は、一日の拘束時間や待機時間が長いことや、全国各地を回ることから、個人差はありますが年齢が高くなるにつれて体力面の負担が大きくなりやすいといった傾向が見られます。そのため、ハードワークや長時間労働を理由に就職をしてすぐに体調を崩してしまったり、仕事への意欲が維持できなかったりと様々な問題が起こることもあります。長距離トラックドライバーとして定年まで不安なく働くには、求職中に一日の労働時間が短いところや、一か月あたりの休日の日数が多いところを探すことが肝心です。その他、ベテランのトラックドライバーが活躍している運送会社の特徴について時間を掛けて調べることが大切です。